運動は血糖値を下げる方法として非常に有効

健康診断で高血糖と診断された場合は、病院での治療だけでなく、生活習慣を見直す必要があります。

血糖値を下げる方法として知られているのは食事療法が、運動を組み合わせることで、より効率的に血糖値を下げることできます。

血糖値を下げる方法として、どのような運動をどのタイミングで行えばよいか、ご紹介します。

血糖値を下げる方法は食事と運動を組み合わせること

健康診断や病院での検査で高血糖と診断された場合は、病院での治療だけでなく生活習慣を見直す必要があります。

血糖値を下げる方法として知られているのは食事療法ですが、食事の改善以外にも血糖値を下げる方法があります。

それはズバリ、運動です。

食事療法と適度な運動を組み合わせる事で、より高い効果を得る事が出来るでしょう。

逆を言えば、どちらかだけでは完全な血糖値を下げる方法とは言えません。

やはり健康な身体を作るためには、バランスのとれた食事と、継続的な運動が必要不可欠なのです。

運動を行う上で重要なのは、継続的に行うと言う事です。

月に何度か限界まで身体を動かすよりは、毎日コツコツとこなしていく方が効果が得られます。

そのため、血糖値を下げる方法として運動を選択する場合は、毎日出来る運動や、毎日続ける事が苦にならない運動をする事をおすすめします。

特別な器具がなければ出来ない、遠方の施設に行かないと出来ない、そんな運動はあまり適していません。

 

血糖値を下げる方法としてはどのような運動が適しているのか

血糖値を下げる方法としては、有酸素運動がおすすめです。

中でもジョギングやウォーキングは特別な器具や施設を必要とせず、身体一つあれば継続して行う事が出来る事から誰でも気軽に始める事が出来、継続もそれほど難しくありません。

ジョギングやウォーキングは脂肪が燃焼される事により、血液中に含まれている糖がエネルギーに変換されて、血糖値も下がります

とは言え、ジョギングやウォーキングも毎日続けるのは決して楽ではありません。

特に、ジョギングは日頃から運動をしていない人にとっては、ハードルが高い運動でしょう。

また、現在肥満気味の人だと、いきなり長時間の歩き・走りを繰り返す事で足に体重がかかり、痛めてしまう事があります。

健康になるために運動をしていたのに、これでは本末転倒ですね。

もし近所にプールやスポーツジムがあるようでしたら、水中ウォーキングやエアロバイクもおすすめです。

空調設備が整っている屋内での運動なので日光に肌を焼かれる事もなく、自分のペースで運動をする事が出来るでしょう。

血糖値を下げる方法として、特に水中ウォーキングは、非常に効率的な運動です。

肥満気味の人でも水の浮力によって足腰への負担が減るにもかかわらず、水の抵抗によって消費カロリーは上がるためです。

 

ウォーキングで血糖値を下げる方法

血糖値を下げる方法として最も手軽なウォーキングですが、ただやみくもに歩けば良いと言うわけではありません。

ちゃんと効果を得るには、正しい歩き方やペースを身に着ける必要があります。

まず、重要になるのは、歩き方です。

普段歩いている時に腕はだらんと垂れ、足の動きに合わせて僅かに揺れていると言う事が多いです。

しかし、ウォーキングでは、腕を大きく振って歩く事でより高い効果を得られます。

最初はちょっと恥ずかしいかも知れませんが、腕を大きく振ってウォーキングをしている人は町中のあちこちで見掛ける事が出来るので、恥ずかしがる必要はありません。

「歩く」と言う行為は、下半身を中心とした運動ですが、腕を大きく振る事で全身の筋肉が使われ、代謝のアップに繋がります

また、腕を振るか振らないかによって、消費カロリーも大きく変わります。

腕を大きく振って歩く事で、消費カロリーが10パーセントから20パーセントも増えると言われています。

ダイエットを兼ねているなら、なおさら腕を振った方が良いでしょう。

 

どのタイミングで運動をするのがベスト?

血糖値を下げる方法として運動をする場合、一体どのタイミングで運動をしたら良いのでしょうか。

一般的に食事をとると血糖値が上がるとされていますが、その上がった血糖値を下げる方法として、食事直後に運動をすると言う人が居ます。

確かに運動は効率的に血糖値を下げる方法ではありますが、食事をとった直後の運動は実はNGです。

それと言うのも、食後は確かに血糖値が上がりますが、一方で心臓に供給されなければならない血液量が減っているのです。

そんな状態で激しい運動をしたら身体に負担がかかるのは当然の事ですね。

運動をするのにベストなタイミングは、食事をとってから30分から1時間ほどが経過した頃になります。

少し時間がたって、お腹が普段の調子を取り戻してから運動をすると良いでしょう。

次に、運動をする時間帯についてです。

運動をする時間帯は人それぞれであり、基本的にいつ行っても一定の効果が得られると言われています。

そのため、毎日「この時間に絶対に運動をする!」と決めて意気込むよりは、「1日の中で出来る時間帯にする」と、多少緩く考えて行った方が精神的な負担も少なくて済むでしょう。

ただ、午前中に運動を行う場合は、水分をしっかり補給するようにしましょう。

特に、朝起きてから暫くは体内の血液がドロドロになり、詰まりやすい状態です。

水分を補給して、サラサラ血液を作ってあげる事が重要です。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.