血糖値を下げる方法なら食事制限してカーボカウントしよう

血糖値を下げる方法では、食事制限による治療法や運動療法、それに加え必要ならば薬物療法が行われます。

食事制限法の中にも血糖値を下げる方法には種類があり、カロリー制限食と糖質制限食、カーボカウントと分かれています。

ここでは、カーボカウントについて、ご紹介します。

カーボカウントとは?血糖値を下げる方法

カーボカウントは、元はインスリン注射が必要となるⅠ型糖尿病の治療のために用いられる食事制限の治療法なのです。

食前に総糖質摂取量を計算して、その糖質での血糖値の上昇を予測しインスリンの注射量を決めて注射し、血糖値を下げる方法なのです。

ただ、最近ではカーボカウントをⅡ型糖尿病の方でも、実践している方が増加傾向にあります。

注射はせずに、血糖値を下げるウォーキングなどの運動をする方法にかえて、カーボカウントを行う方もいます。

カーボカウントとは、カーボハイドレイト(carbohydrates)という炭水化物を意味する英語のカーボから来ています。

要するに、カーボカウントとは、炭水化物の量を計算するという意味があります。

糖質のある炭水化物の量を測り、1日に必要となる炭水化物量に抑えるというものです。

アメリカにおいては、1カーボは15グラムとされています。

日本では1カーボ15グラムとしている医師もいますが、10グラムと考える向きもあります。

そして、カーボカウントは極端に炭水化物の量を減らすというものではない点も、知っておかなければいけません。

カーボカウントを用いるなら、炭水化物の量が把握できる必要があります。

コンビニの商品などは栄養素の表示のある場合もあります。

しかし、分からない場合もありますので、その際にはカーボカウントに関する本を参考にして慣れていきましょう。

 

血糖値を下げるためのカーボカウントのやり方は?

血糖値を下げるためのカーボカウントのやり方は、もし1日の指示エネルギーが1600キロカロリーならば、1日の指示エネルギーの中で50%から60%(800から960キロカロリー)ほどを、炭水化物で摂取します。

要するに、1日で摂取する炭水化物の量は800から960キロカロリー÷4キロカロリー(炭水化物1グラムあたりのカロリー)=200から240グラムとなります。

1カーボは、炭水化物10グラムとして計算したなら、1日に20から24カーボの摂取が適量です。

そして、それを大体均等に振り分けて、それぞれの食品に含まれている炭水化物の量をチェックしつつ食事のメニューを考えていきます。

血糖値を下げるためのカーボカウントをするなら、色々な食品に含まれている炭水化物の量を知っておかなければいけません。

普段食べることが多いと考えられる、ご飯やパン、麺類といった主食に関しては、覚えておくと良いでしょう。

ご飯なら茶碗1杯分150グラムほどで、5.5カーボです。

6枚切りの食パン1枚なら、3カーボ、うどん1玉200グラムでは4.5カーボとなっています。

また、魚や卵などといった多くのタンパク質が含まれている食品については0カーボなので、気にせず摂取できます。

また、Ⅱ型糖尿病の場合は糖質1グラムについて3mg/dl血糖値が上がる点を知っておく必要があります。

例を挙げるなら、焼きそばのカーボは大体70グラムとなるため、3×70=210mg/dlも上がると考えられます。

食前には120mg/dlだったなら、2時間経過すると330 mg/dlにもなってしまうでしょう。

こうしてカーボカウントをすることで、できるだけ食後の血糖値を下げる方法となるのです。

 

カーボカウントの注意点は?血糖値を下げる方法

カーボカウントをするならば、炭水化物の量が特に重要視されますが、糖尿病の治療で用いるとすると、単純に炭水化物の量だけを制限するだけではいけません。

炭水化物の量を減らしても、その代わりにタンパク質や糖質を多く摂ってしまうと、肥満の原因となってしまい、糖尿病のリスクもあるのです。

それに、カーボカウントは『糖質制限食』もしくは『低インスリンダイエット』のように、極端に糖質を制限するものではない点も把握しておくのが大事です。

糖質制限食などは低血糖に陥りやすいですし、摂取カロリーをタンパク質や脂質に頼ることとなるので、栄養バランスも偏ってしまうと考えられます。

また、腎機能が低下してしまったり心筋梗塞や脳卒中のリスクも高まっていきます。

カーボカウントを行うならば、『糖尿病食事療法のための食品交換表』も参考にするなどして、決まった量の炭水化物はきちんと摂り、タンパク質や脂質、ビタミンやミネラルなどといった栄養素もバランスを考えて摂取するのがポイントです。

今の段階で食事制限が習慣的にできていなくて、血糖コントロールもしっかりとできていないという場合は、炭水化物の量のみに的を絞り、効率良く血糖値のコントロールができるカーボカウントという血糖値を下げる方法を摂り入れることで、食事制限が出来ます。

その際には、医師や栄養士に注意点なども相談して指導を受けてみると、より安心感が得られるのではないでしょうか。

効果と価格を考慮した血糖値サプリ総合ランキング

▼効果を実感できる血糖値サプリを選びたいなら♪▼血糖値>>血糖値サプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<