血糖値を下げる方法は食事制限ではなく糖質制限!

血糖値を迅速に下げる方法として、糖質制限を行うのが適しています。

糖質制限食事制限とは少し異なり、炭水化物などの糖質の摂取量を制限するというものです。

ここでは、糖質制限のやり方や注意点について、ご紹介します。

血糖値を下げる方法なら糖質制限!

血糖値を迅速に下げる方法は、糖質制限を行うのが適しています。

なぜなら、血糖値を上げてしまうのは血中のブドウ糖であり、そのブドウ糖はパンやお米といった炭水化物の糖から主に作られてしまうからです。

炭水化物を主とした糖の摂取を減らすことにより、血糖値が下げられるのです。

もしも糖尿病になってしまった場合も、主として食事により血糖をコントロールして一定を維持する必要があります。

食事制限もありますが、今では糖質制限食も注目されてきているため、カロリー計算をする食事制限の糖尿病食ではなく、糖質の摂取を抑えることに重点を置いて食べると、血糖値を下げる方法となります。

よって、血糖値が気になるならば炭水化物を食べるのを減らして、糖質制限をするのが大事なのです。

 

糖質制限と食費制限の違いは?血糖値を下げる方法

これまでは、肥満および糖尿病を考えた食事と言うと、総摂取エネルギー量を減らすというカロリー制限をするのが主流となっていました。

体内に取り込むエネルギーを減らして普段通りに活動するか、通常にも増して活動するようにして、エネルギーの制限もしくはコントロールをすることで痩せられると、肥満による糖尿病の予防や改善に繋がるとされていたのです。

食事制限ではなく糖質制限の場合は、エネルギー源である3大栄養素であるタンパク質や脂質、糖質の中で、糖質の摂取を制限するなどのコントロールするといったものです。

これは、血糖値やインスリンや分泌される動きを調節するのが目的となっています。

なぜ調節するのかというと、高血糖やそれに伴いインスリンが多く分泌されるのは、肥満や糖尿病の原因となってしまう可能性があるからです。

とは言え、食事制限ではない糖質制限をするとしてもどの程度減らすのか、どういった種類の糖質を減らすのか、糖質のコントロールの仕方についても気になるところでしょう。

ただ、糖質制限は注目されてはいるものの、まだ明確な定義はありません。

糖質をどの程度減らせば安全であり効果的なのか、減らすことでリスクはないのかなどについて、糖質のコントロール方法などに関しては、今後も注視していく必要もあります。

 

どうやってやるの?血糖値を下げる糖質制限

糖質制限をして血糖値を下げる方法のポイントは、1日3食しっかりと食べることや、糖質を減らすこと、それに糖質は減らしますがカロリーは減らさないなどです。

食事を抜くものではなく、毎食栄養バランスをしっかりと摂り、必要となるエネルギーを補います。

それに、油であっても良質なものであれば血中のコレステロールや中性脂肪を排出してくれて、ダイエットに効果的です。

また、食事制限とは異なる糖質制限は糖質を全く摂らないというわけではないので、糖質を完全に省く必要もありません。

糖質制限では、1日に摂取する糖質の量を50グラム以下にすることが目標とされています。

20グラム以下の糖質量であればもっと効果的ではありますが、最初のうちはそこまで無理をすることなく、30グラムから50グラム程度に抑えるのが適しています。

糖質制限に推奨される野菜や果物は、レタスやキャベツ、ほうれん草、モロヘイヤ、ピーマン、アボカドなどが該当します。

また、反対にNGとなっているのはじゃがいもやさつまいも、れんこん、かぼちゃ、ごぼう、バナナ、アメリカンチェリーなどとなっています。

葉物野菜だと糖質が少なく、根菜類だと糖質が多くなってくると言う点がわかるのではないでしょうか。

よって、野菜はどれも糖質が低いわけではなく、種類によって制限に向いているものとそうでないものがあるのです。

 

糖質制限の注意点は?血糖値を下げる方法

血糖値が糖尿病と診断されるくらいに危険な範囲にある場合は、専門医の適切な指示により、カロリー制限もしくは投薬を行わなければいけません。

それに、炭水化物ダイエットと糖質制限は同等とも考えられますが、高くなってきている血糖値をわずかでも正常化させようとするのが、糖質制限です。

痩せるのが目的ではないため、極端に糖質制限を行うことについて、身体への安全性があるとされているわけではありません。

体調不良も起きかねない点も、知っておく必要があります。

糖質は、人が動いたり考えるのに大事なエネルギー源となってくれます。

よって、仕事上身体を動かす方や頭を使うという方が糖質制限をすると、仕事にも支障が出る可能性があるのです。

それならば、糖質を摂取する量はもう少し増やすのも考えましょう。

それに、糖尿病の方や高齢の方であれば低血糖から深刻な問題が起きてしまいかねないので、医師に相談したうえで行うのがベストではないでしょうか。

また、食事制限ではなく糖質制限で血糖値を下げる方法では、炭水化物を全く食べないことを勧めているわけでもないですし、摂取し過ぎた糖質により血糖値が上昇する点について着目しています

血糖値を下げる方法として糖質制限をするなら、こうした点も知っておく必要があるのです。

効果と価格を考慮した血糖値サプリ総合ランキング

▼効果を実感できる血糖値サプリを選びたいなら♪▼血糖値>>血糖値サプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<