血糖値を下げる成分にはどんなものがあるか知っておこう!

中性脂肪を落とせば、血糖値も下げることが期待できます。

中性脂肪を落とし血糖値を下げる成分には、どういったものが有効となっているのでしょうか。

ここでは中性脂肪に効果が見込めたり、血糖値を下げる成分について、ご紹介します。

血糖値を下げる成分にはポリフェノールや食物繊維がおすすめ

中性脂肪を落とせたり血糖値を下げる成分としては、まず、ポリフェノールが挙げられます。

ポリフェノールは、脂肪分解および体内への脂肪吸収を抑制する効果が望めます。

ウーロン茶に含まれるポリフェノールは、脂肪分解酵素のリパーゼの働きを阻害し、脂肪吸収が抑えられるので、食事中に飲むと中性脂肪の値が急上昇しにくくなります。

緑茶や赤ワイン、りんご、カカオなどにも多く含まれています。

さらに、食物繊維は血糖値を下げる成分の1つです。

食物繊維は、無駄になっている糖質や脂質が体内に吸収されるのを防いでくれます。

そして、食物繊維を摂っていれば糖質や脂質を摂らなくても十分にお腹を満たすことが可能なのです。

食物繊維を摂取するなら、きのこ類海藻を摂取するのがポイントです。

また、おからも糖質や脂質が少ないですが満足できますし、栄養面でも満点です。

 

ビタミンB群やアルギニンも血糖値を下げる成分!

まず、血糖値を下げる成分として、ビタミンB群が挙げられます。

ビタミンB群は、ビタミンB1やB2、またB6にB12、そしてナイアシンやパントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類があります。

こうしたビタミンB群の中でも、糖質や脂質といった栄養素をエネルギーに変える際に補酵素として作用してくれるのが、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸です。

こうした栄養素が足りなくなってしまうと、食事で摂取した糖質や脂質等を上手くエネルギーとして変換されずに脂肪として身体に溜まってしまうのです。

よって、血糖値を下げるために、ビタミンB1やビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸を特に摂る必要があります。

また、アルギニン血糖値を下げる成分として有効です。

アルギニンを摂取すると、成長ホルモンを促進し、肪燃焼効果が得られると期待されます。

身体に付いた脂肪は、脂肪細胞の中で、トリグリセリドという形によって蓄積されます。

アルギニンを摂取して成長ホルモンが分泌されることにより、トリグリセリドが分解されて、血液に溶け込める物質に変換されるため、エネルギーになり全身をめぐり脂肪燃焼ができるのです。

さらに、血糖値を下げる成分としてバナジウムも有効です。

バナジウムは、体内から有害である毒素や老廃物を排出できるので、コレステロール値や血圧を下げて動脈硬化の予防にも繋がる成分です。

脂質やコレステロールの代謝を促して、動脈硬化の予防効果がありますし、血糖値が下がる効果も期待できるとされています。

血糖値が下がると、血流が良くなるためにむくみの予防や改善も可能となるでしょう。

バナジウムで血糖値を下げるなら、通常の食事で摂取できる量の5倍から10倍ほどは摂取する必要があります。

よって、血糖値を下げる成分のバナジウムは、サプリメントなどで摂ると良いでしょう。

 

大豆に含まれるサポニンも血糖値を下げる大事な成分!

サポニンは大豆に含まれています。

腸で吸収されたブドウ糖が脂肪と結合しないように抑えて、肥満予防することが可能です。

高脂血症や動脈硬化症、また高血圧症の方が大豆サポニンを摂取すると、血中脂質の総コレステロールが71%、中性脂肪も88%ほど改善されたというデータもあるほどです。

サポニンには、コレステロール値を下げる効果もあります。

血中に悪玉コレステロールが多くなり酸化してしまうと、血流が滞ってしまい血がドロドロになってしまいます。

サポニンはこうした悪玉コレステロールも減少させられるので、血糖値を下げる成分としても効果があると考えられているのです。

亜鉛は、インスリンの合成および貯蓄、そして分泌に役立ってくれる成分です。

亜鉛が足りなくなってしまうと、インスリンの分泌も遅くなって、血糖値が急激に上がってしまいます。

そのため、亜鉛も血糖値を下げる成分の一つして有効と考えられています。

効果と価格を考慮した血糖値サプリ総合ランキング

▼効果を実感できる血糖値サプリを選びたいなら♪▼血糖値>>血糖値サプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<