糖尿病性網膜症は糖尿合併症の一つ|血糖値で高まる危険性

糖尿病の患者数は、近年ますます増え続けています。

糖尿病になると三大糖尿合併症の一つとされる糖尿病性網膜症を発症する危険性があります。

糖尿病性網膜症とはどのような症状なのか、血糖値との関係について、ご紹介します。

糖尿病性網膜症とは三大糖尿合併症の一つ

血糖値が高くなると糖尿病をわずらう患者数は近年ますます増え続け、予備軍も含めると2,000万人ともいわれています。

糖尿病になると激しい全身疲労などさまざまな症状が発生しますが、もっとも恐れるべきものは糖尿合併症です。

糖尿病性網膜症も糖尿合併症の一つで、最悪の場合は失明する危険性もあり得る大変重篤な症状です。

糖尿病性網膜症は糖尿病患者全体の4割に見られ、罹患する非常に高い危険性を持つ症状だと言って良いでしょう。

糖尿病性網膜症は、眼球の2/3を覆う網膜と呼ばれる器官に障害が出る病気で、糖尿病腎症、糖尿病神経障害とともに三大糖尿合併症の一つに数えられています。

カメラでいえばフィルムの役割を果たしているのが網膜ですが、ここに重い障害が出た場合、治療は大変困難であることから失明する危険性もあります。

初期症状があまりないことも特徴で、異変を感じて医療機関を受診した時には既に手遅れという危険性もはらんでいます。

視覚障害認定を受けている方の内、糖尿病性網膜症が原因という方は、実に全体の1/6にも及んでいます。

特に50~60歳代で多く見られ、この時期に突然視力を失ってしまう危険性が非常に高くなっています。

失明というハンディキャップを受け止めることは、簡単ではないはずです。

同時に、生活をサポートする家族の負担もかなりのものとなるのは言うまでもありません。

 

初期症状のほとんどない糖尿病性網膜症に見られる症状

糖尿合併症の一つである糖尿病性網膜症は、糖尿病を発症してから、数年か10年ほど経ってから発症します。

しかし、前述のように初期にはほとんど症状が見られないことが特徴です。

最初に自分で異変と感じる症状はいくつかあり、視野の中に蚊が飛んでいるように見える飛蚊症もその一つです。

これは、網膜で出血を起こしているためで、糖尿病性網膜症はかなり進んでいるといって良いでしょう。

また、網膜にある黄斑と呼ばれる部位にまで支障をきたすようになると、突然、視力が低下したりすることもあります。

 

糖尿病性網膜症のそもそもの原因は血糖値が高いこと

糖尿病性網膜症を発する原因は、血糖値が高いことで血管に大きな負担をかけてしまうことです。

糖尿病は、インスリンというホルモンが不足するなどして血液中の糖を適切な場所に運ぶことができなくなった状態です。

すると、血液中に溜まった糖は血管壁をつくるタンパク質と結びつき、血液の流れを悪くしたりするのです。

また、糖は活性酸素を発生させやすくします。

すると、活性酸素が血管を傷つけてそこにコレステロールなどが溜まることでも血液の流れが悪くなります。

しかも、網膜は体の中でも特に細い血管が密集している部位なので、それだけ負担を受けやすいというわけです。

そして、糖尿病の原因は、血糖値を上げやすい炭水化物の過剰摂取や糖質の過剰摂取などです。

また、大量のインスリンを分泌しなければならない肥満状態も、すい臓を疲弊させてやがてはインスリンを十分に分泌できなくなってしまいます。

 

重篤な糖尿病性網膜症を予防する方法はあるのか

糖尿合併症の一つである糖尿病性網膜症は、血糖値が高い糖尿病であることがそもそもの原因です。

そのため、血糖値を厳しくコントロールすることが何よりの予防となります。

そして、定期的に眼科検診を受けることもまた必要です。

目の病気といえば、ルテインやブルーベリーに含まれるアントシアニンなどが有名です。

これらの成分は、糖尿病性網膜症の予防にも役立つことが分かっています。

ルテインは前述した目の黄斑部にもともと含まれている成分ですが、その強力な抗酸化作用で活性酸素を発生させる紫外線などから目を守ってくれます。

一方のアントシアニンにも強力な抗酸化作用があり、網膜の細い血管を保護してくれます。

 

糖尿病性網膜症それぞれの段階による治療方法

糖尿合併症は非常に重篤な症状ですが、いずれも前述のように血糖値をコントロールすることが第一の治療となります。

血糖値をコントロールしなければ、どんなに有効な治療を行ったところで症状はどんどん進行してしまう危険性があります。

特に、糖尿病性網膜症の初期は単純糖尿病網膜症と呼ばれ、この時期であれば血糖値をコントロールすることで進行を食い止めることも可能です。

単純糖尿病網膜症より症状が進んだ状態は前増殖糖尿病網膜症と呼ばれ、この時期の治療法には網膜光凝固術があります。

血流が悪くなった網膜は、酸素を得ようと新しい血管を作るのですが、新しいために非常にもろく出血しやすいという特徴があります。

網膜光凝固術は、新しい血管が作られるのを阻止するためのレーザー治療です。

この治療により、出血による失明に至る危険性がなくなる可能性が高いといわれています。

さらに症状が進んだ状態は、増殖糖尿病網膜症と呼ばれます。

この時期には新しい血管が硝子体まで伸びていることも多く、硝子体で出血しやすくなります。

そこで、出血してしまった血液や増殖組織を取り除いたりする硝子体手術が行われます。

効果と価格を考慮した血糖値サプリ総合ランキング

▼効果を実感できる血糖値サプリを選びたいなら♪▼血糖値>>血糖値サプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<