予防したい糖尿病|高血糖値の危険性!治療方法は?

血糖値に無頓着でいると、知らないうちに糖尿病にかかってしまう危険性があります。

糖尿病を予防するためには原因だけでなく、検査や治療方法についても知っておきたいです。

そこで、糖尿病の治療方法と予防方法について、ご紹介します。

糖尿病の治療方法も予防方法も血糖値コントロールが中心

糖尿病の治療方法は、血糖値をコントロールすることが主体です。

良い治療方法があっても、血糖値のコントロールがうまく出来ないと合併症を併発することになり、生活の質を落としてしまう危険性をはらんでいます

合併症を起こすと酷い場合、腎臓の場合は人工透析や、足が壊死してしまった時は足の切断と、普段通りの生活を送ることが出来なくなるのです。

そのため、しっかり血糖値をコントロールして、予防することが大切です。

 

血糖値の高さで判別することができる糖尿病の検査

血糖値は、血液中のブドウ糖の濃度を表すものです。

血糖値が高い状態がつづくと、命を失う危険性さえ潜んでいます。

普段から健康診断を受診して、自分の値を知ることが大切です。

血糖値は一日のうちに変動していて、一番変動するのは食後です。

食後に食べたものを消化して、小腸で吸収されると血糖値が上がり始めます。

検査には、空腹時血糖値と食後2時間血糖、HbA1c、ブドウ糖負荷試験などがあります。

 

糖尿病の治療方法としての薬物療法とは?

治療方法は、薬物療法、食事療法、運動療法の3種類です。

薬物療法は、軽い症状から重い症状で危険性がある場合まで及びます。

治療方法としては、症状が重い場合には、薬剤ですぐに血糖値を下げることが必要です。

薬物療法は、インスリンを投与するものとそれ以外の薬物を投与する2つに分けることができます。

インスリンの場合は、インスリン製剤を使いそれぞれ種類によって作用時間が違います。

基礎分泌で使われる中間型インスリン製剤は、以下のとおりです。

  • ノボリンN注フレックスペン
  • ヒューマリンN注 ミリオペンなど

追加分泌で使われる超速効型インスリン製剤は、以下のとおりです。

  • ノボラピッド注フレックスペン
  • ヒューマログ注ミリオペンなど

速効型インスリン製剤は、以下のとおりです。

  • ノボリンR注フレックスペン
  • ヒューマリンR注ミリオペンなど

血糖降下薬の場合は、用途が様々で食後の血糖値を上げない薬剤がグルコシダーゼ阻害薬のグルコバイ、ベイスンなどです。

すい臓のベータ細胞からインスリンの分泌を促進させるスルホニル尿素薬(SU剤)は、オイグルコン、ダオニールなどです。

腸管からのブドウ糖の吸収を抑えるビグアナイド薬は、メトグルコ、グリコランなどが挙げられます。

 

糖尿病の治療方法としての食事療法と運動療法とは?

糖尿病の治療方法は、治療薬だけではありません。

治療方法としては、身体に合った正しい食生活を送ることで薬剤の効果が発揮されるので、食事療法は重要なポイントです。

食事療法の効果は、インスリンの分泌を正常に戻し、インスリン受容体の働きを良くするように、つまり血糖値を極端に上げず、食後一定時間は一定に保てるようにするために行います。

食べ方と食べる量を重視して、基本として一日三食はきちんと食べることにあります。

一食減らしてしまうと、どうしても他の二食が多くなりがちです。

その場合は、食後の血糖値が極端に上がることにつながります。

これではインスリンの分泌が増えてしまい、リズムが狂ってすい臓に負担がかかってしまうでしょう。

食事療法の基本は特別な料理はなく摂取カロリーが決まっているだけですので、あとは栄養の偏ることなくよく噛んで食べるだけです。

それまでの食生活を見直して、自分の身体に合った食事を医師に助けてもらいながら血糖値のコントロールをしましょう。

運動療法は、1型糖尿病患者にとっては、すい臓のインスリンを作り出す機能は壊れていますので、主に筋力と強くしたり、全身の血行を良くしたりすることに効果があります。

2型糖尿病患者にとっては、運動療法はとても大切な治療方法となります。

その理由は、2型糖尿病患者の多くは発病の原因が、肥満、過食、運動不足によるものなので、運動をする事によって多くの効果が現れるのです。

運動によってインスリンの分泌が良くなり、血液の循環が良くなり健康的な身体作りに役立ちます。

また、血中のブドウ糖や脂肪酸が使われやすくなり、ブドウ糖は筋肉に取り込まれやすくなります。

筋肉の衰えはなくなり筋肉が増えることで基礎代謝があがり、ストレスが解消されるでしょう。

 

糖尿病予防のために高血糖値の危険性を知ること

糖尿病予防するためには、発病した原因を知ること、血糖値の危険性を知ることが大切です。

糖尿病の原因は、食生活では、糖質の摂り過ぎ、飲酒のし過ぎが挙げられます。

また、その他の原因では、ストレス、タバコ、睡眠不足、肥満などが挙げられます。

これらの原因を、予防する生活習慣を身につけましょう。

糖質の摂り過ぎついては、糖質と炭水化物には中毒性があるという危険性を肝に銘じておくことも、予防として有益でしょう。

糖質も炭水化物も、摂れば摂るだけまた食べたいという中毒性があります。

食事をしたばかりなのにおにぎりを食べたり、スイーツを食べたりといった暴飲暴食は一切やめることが予防に繋がります。

暴飲暴食をすると、体内では血糖値が急激に上がってインスリンが多く分泌され続け、やがてはインスリンの分泌が悪くなる危険性があります。

糖尿病予防に効く食材として、山芋、かぼちゃ、いちごにはインスリンの生成を高める機能があり、じゃがいもや昆布は血糖値の上昇を抑えます。

飲酒も、糖分を含むお酒は避けることが予防につながります。

蒸留酒は糖分が含まれませんので、ウイスキーや焼酎なら血糖値を上げる心配はありません。

また、酒類にはインスリンの分泌をコントロールできなくする作用がありますので、頻度の高い飲酒は避けたいものです。

ストレスには、ストレス反応というものがあります。

例えば感情ならば、怒り、悲しみ、不安などですが、行動反応には、生活習慣になり得る多量飲酒や喫煙、過食などがあります。

その行動が行き過ぎると肥満、高血圧、糖尿病、うつ病を発症してしまうので、この進行を止めることが予防に繋がるのです。

ストレスに関しては、自分のストレスを知る事が先決問題で、ストレスをためすぎず何か熱中できるものや楽しみを見つけましょう。

これらの糖尿病の原因になる要素を、生活から排除する事が予防になります。

また、糖尿病の合併症の危険性を良く知ることで、予防をするための習慣を身に着けたいものです。

予防を一時しのぎのものではなく、コツコツと続けられるようにしましょう。

合併症についてですが、三大合併症が糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害です。

合併症は危険性大で、高血糖が元で実に多くの病気を起こしやすく、命を落とす深刻な状態になります。

命にかかわる病気に至ってしまう可能性が有る病気ですが、血糖値のコントロールさえすれば合併症も起こさずにすみます。

まずは、予防を心がけるのがとても重要です。

効果と価格を考慮した血糖値サプリ総合ランキング

▼効果を実感できる血糖値サプリを選びたいなら♪▼血糖値>>血糖値サプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<