血糖値が原因?糖尿病の症状や危険性

血糖値が高いことは、糖尿病の発病に大きく関係があります。

血糖値が高い状態が続くと、命にまで及ぶ重大な危険性があります。

そこで、糖尿病の原因や症状、合併病の危険性についてご紹介します。

高い血糖値が原因?糖尿病の危険性

糖尿病とは、血糖値が高いまま下がらない状態が続く症状です。

健康体であれば、血糖値は体内のインスリンというホルモンの働きで下がりますが、下がらなくなってしまった症状が糖尿病です。

一度かかってしまうと完治しない症状と言われていますが、血糖値の値を一定に保つことで合併症の発症を抑えることができます。

糖尿病の危険性は、サイレントキラーと呼ばれ気が付かないうちに発病している点です

高血糖が続き、すでに症状が進んでいることがあります。

その上、合併症を起こしやすい症状です。

合併症は、糖尿病性網膜症糖尿病性腎症糖尿病性神経障害が代表的なものですが、病状が進むと抵抗力や免疫力が下がり、各種の感染症のかかる危険性が高くなります。

また、高血糖は血管をもろく弱くしてしまいますので、血液の循環が悪くなり、血栓ができる危険性も高くなります。

心筋梗塞や脳卒中などの太い血管から起こる病気の併発につながっており、糖尿病から進んでしまう病気は数多く考えられます。

糖尿病は、1型と2型に分類されます。

1型は、インスリンを生産する膵臓のベータ細胞が壊れて、自分の身体で作ることが出来ない症状です。

日本人の患者のうち、1型は数%と少ない割合です。

2型は、二つに分けることができます。

インスリン抵抗性とインスリン分泌不全に分けることができます。

インスリン抵抗性は、インスリンが分泌はされているのに効きにくい症状です。

もう一つの型は、インスリンの分泌自体が少なくなっている症状です。

 

いつのまにか進行している糖尿病の症状と初期症状

糖尿病はサイレントキラーと述べましたが、2型糖尿病の場合は、症状がそれほど現れるわけではありません。

原因は血液中のブドウ糖の濃度が高く、高血糖の状態が続く事でインスリンの分泌が増えて、悪循環を繰り返すことにあります。

血中のブドウ糖の濃度を下げようとインスリンが増えると、インスリンの思わぬ機能が働き、食欲を増進させて脂肪細胞を作る方向へ促進してしまいます。

こうして症状に気づくことなく、更に悪くなってしまいやすく、危険性が高いのです。

初期症状としては、血糖値が170mg/dlを超えると、尿中にブドウ糖が含まれ尿が甘い匂いになります。

このため血液中の血糖値を下げるために、ブドウ糖を尿として排出することになります。

高血糖が原因となって、排尿の量と回数が増えて、常に喉が渇く症状が発生します。

誤って水分補給を糖分を含んだ飲料で行うと、逆効果になります。

病気が知らないうちに進行している場合、高血糖が原因で体重減少まで進む場合があります。

高血糖は症状に気づきにくいため、同じような生活を続けているうちに病気がどんどん進行してしまいますので、知らないという事が危険性の原因と言えます。

運動も食事制限も無しで痩せていても、血糖値が高い状態がかなり続いたので、体重減少という症状まで進んでしまった可能性があります。

半年間で5%の体重が減ると、危険性が大きいでしょう。

普通の体型からやせ形の人が、ダイエットや運動をしないで10%以上体重が落ちた場合も、治療が必要と言われています。

痩せてしまう原因は、インスリンにあります。

インスリンの働きは、血糖値を下げるとともにブドウ糖という栄養を身体中に行きわたらせる事です。

しかし、高血糖の状態が長く続きすぎると、インスリンの分泌が減ってしまいます。

そのため、ブドウ糖の栄養が体内の隅々まで行きわたらず、尿として排出する事になってしまいます。

そして、体内の筋肉中のタンパク質からブドウ糖を生成する様になり、体重が減少する事になる訳です。

 

血糖値の高い状態が続くと発病する糖尿病と血糖値の関係

血糖値が高い状態が続くと、糖尿病を発症します。

すぐにかかってしまうのではなく、長い時間をかけて高血糖の状態が当たり前の様になってしまいます。

糖尿病を見つける手段は検査で、空腹時血糖値(10時間以上絶食後計測)の値が126mg/dl、または、HbA1c 検査の値が6.5%以上の場合が2度計測されると糖尿病と診断されます。

 

糖尿病の原因は人それぞれ、生活習慣を見直す

糖尿病の原因は、高血糖の状態を長く続けてしまう事です。

血糖値を上げる原因を作る要因は食事、糖質の摂り過ぎ、飲酒、遺伝、ストレス、睡眠不足、タバコ、肥満など生活習慣から始まることがほとんどです。

食事は、正しい食習慣に変え、偏食を避けましょう。

暴飲暴食はしないで、栄養素をまんべんなくとります。

日中の過ごし方によって、摂取カロリーを決めることも有効です。

例えば、一日中デスクワークをする人と、外で身体を動かしながら作業する人では、必要なカロリーが違います。

また、血糖値が高い状態が長く続いた場合は、思い切って禁煙したり、禁酒してみてください。

ストレスや睡眠に関しては、治療方法もありますので、医師に相談するのも良いでしょう。

効果と価格を考慮した血糖値サプリ総合ランキング

▼効果を実感できる血糖値サプリを選びたいなら♪▼血糖値>>血糖値サプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<