糖尿合併症発症の危険性|高血糖値が招く糖尿病性神経障害

血糖値が高い状態が続くと、3大糖尿合併症の一つである糖尿病性神経障害を発症する危険性があります。

悪化すれば足を切断しなければならない事態にもなり得る症状です。

なぜ血糖値が高い状態が続くと糖尿病性神経障害を発症する危険性が高まるのか、ご紹介します。

糖尿合併症の一つ糖尿病性神経障害とは?

糖尿病性神経障害は、3大糖尿合併症のひとつです。

糖尿合併症の中ではもっとも早期に症状が現れやすく、出現する頻度も高いといわれています。

血糖値が高い状態が続くと末梢神経は徐々に侵され、さまざまな感覚が失われて行ってしまいます。

体の末端のほうへと張り巡らされている末梢神経には、痛みや温かさを感じる感覚神経、手足を動かす運動神経、心臓や胃腸などを無意識にコントロールする自律神経などがあります。

いずれも生きていく上では非常に重要なものといえますが、血糖値が高い状態が続けば、これらの神経細胞は知らないうちに壊されてしまうのです。

 

糖尿合併症の一つ糖尿病性神経障害の危険性の高い症状

糖尿病性神経障害の症状はさまざまなものがあり、患者さんの中にはまったく自覚症状がないという人もいます。

しかし、一般的に早期に起こりやすい症状には、足がつる、手足のしびれや痛み、足先や手先が冷えたりほてったりする、といったものが挙げられます。

糖尿病の患者さんの30%以上が、診断後1年以内に何らかの痛みを感じているともいわれています。

また、初期といわれる段階を通り越すと、便秘や下痢を繰り返したり、立ちくらみなどの症状も現れるようになります。

次第に神経が侵されて数が減っていくので、感覚が鈍くなってちょっとした傷を気づかないまま放置することになり、潰瘍ができてしまうなど悪化させてしまう危険性もあります。

その結果、壊疽(えそ)を起こして切断せざるを得ない危険性も出てきます。

また、低血糖状態に気づかず、意識を失って転倒する危険性もあるので注意が必要です。

さらには、心筋梗塞など重篤な症状を起こしても、痛みがないことから気づかないといった危険性もあるのです。

糖尿合併症糖尿病性神経障害の発症の有無は、アキレス腱反射などの検査でわかるので、気になる痛みなどがあれば速やかにお医者さんに相談しましょう。

手足がピリピリ、チクチクするといった、これまでにない症状があった場合には糖尿病性神経障害を発症している危険性があります。

個人差はありますが、このような症状が3か月以上続いた場合、慢性化してしまう危険性もあるので注意してください。

 

糖尿合併症の一つ糖尿病性神経障害の原因は?

糖尿合併症糖尿病性神経障害の原因は、未だはっきりと解明されているわけではありません。

しかし、原因の一つは、血糖が高くなることでソルビトールと呼ばれる物質が神経細胞に溜まることだといわれています。

ソルビトールは糖の一種で、リンゴ、ナシなどの果物に含まれていて、人工甘味料として食品に使われることも多い、非常に身近な物質です。

しかし、微量であれば健康に害にはならないソルビトールも、高血糖があまりにも続くと、多量に作りだされて障害を引き起こしてしまうのです。

ソルビトールが作り出される原因には、アルドース還元酵素が作用していると考えられています。

アルドース還元酵素はもともと体内にある物質なのですが、血糖値の高い状態が続くと体内にあるブドウ糖からソルビトールを作り出してしまうといわれています。

糖尿病性神経障害の原因は、他にも、高血糖が続くことで毛細血管の血流が悪くなり、全身に張り巡らされた神経細胞に酸素や栄養素が行きわたらなくなることも挙げられています。

 

糖尿合併症の一つ糖尿病性神経障害はどうしたら予防できる?

糖尿合併症糖尿病性神経障害を予防するのにもっとも重要なのは、血糖値をコントロールすることです。

糖尿病は気付きづらい病気ともいわれていますが、異様な喉の渇き、食事をしたばかりなのにお腹が空く、といった初期症状を見逃さないようにしたいものです。

糖尿病は完全に治すことは難しい病気ですが、適正な血糖値をキープすることが糖尿病性神経障害の予防につながるのです。

 

糖尿合併症の一つ糖尿病性神経障害の治療方法は?

糖尿病性神経障害と診断された場合には、血糖値をコントロールするのが基本的な治療となります。

1日3食、バランスの良い食事を摂り、ウォーキングなど全身を使った運動をなるべく毎日続けましょう。

ただし、運動することによって痛みが強くなる場合は、お医者様に相談する必要があります。

また、血糖値を上げないために、インスリンの分泌を促進する薬などを服用したり、症状によってはインスリン注射を行います。

他にも、前述した原因物質、ソルビトールの産生を抑えるために、アルドース還元酵素阻害薬が処方されることもあります。

同時に、血圧やコレステロール、中性脂肪なども適正な値をキープするようコントロールしなければなりません。

血糖値やこれらの値がコントロールできれば、糖尿病は決して恐れる病気ではないのです。

また、神経障害の治療には、きちんと足に合った靴を選ぶことが必要です。

痛みを感じない代わりに足を毎日観察し、傷ができていれば速やかに診察を受けるようにしましょう。

爪を切って清潔に保つことも基本的なことです。

冬は特に、あんかや炬燵、風呂の温度に気を配り、やけどしないように気を付けてください。

効果と価格を考慮した血糖値サプリ総合ランキング

▼効果を実感できる血糖値サプリを選びたいなら♪▼血糖値>>血糖値サプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<